ドイツの森 秋
ドイツの森

出来る範囲でやってみましょう

また、枝が伸びたままの状態で放置していると台風の時などに風で煽られて、雨樋を壊してしまうといったことにもなりかねません。ですから木が伸びてしまったり、葉っぱが茂った場合は、手入れをする必要が有ります。

お手入れはDIYで行うことも可能です。ホームセンターなどに行くと枝の剪定用のハサミや、高枝切りバサミなども売っています。まずは自分で出来る範囲でやってみると良いでしょう。ですが高いところに登ったりするのは危険なので注意が必要です。

無理な所は便利屋に任せましょう
自分では手に負えない部分の剪定は、便利屋に頼むと良いでしょう。便利屋は庭のお手入れを得意としている事が多いので、おすすめ出来ます。ま便利屋によっては木の伐採も可能です。剪定ではなく、切ってしまいたいという場合にもおすすめです。

料金は庭の状況に応じて、作業する人数が変わってくるので一概には言えません。ですからあらかじめ見積もりを取っておけば安心です。便利屋によっては、価格を明示しているところもあります。

秋

木の繁殖力

木の繁殖力は目を瞠るものがあります。冬の間は、葉っぱも枯れた状態であったり、ない状態でひっそりとした感じなのですが、春になり、気温が上昇するとともに新しい葉の芽がふきだし、それがどんどん成長して行きます。

それは春を感じさせてくれ、生命の躍動をも感じさせてくれくれることですので、嬉しいことに違いありません。五月頃になり、新緑の若葉が目にしみるようになる光景は身も心も癒される光景といっていいでしょう。

剪定、伐採は早めに
しかし、剪定や伐採は早めにすることをお勧めします。若葉の美しさに魅了されて、ついついそのままにしがちですが、そのままにしておくと、とんでもないことになります。繁殖力の強い木ほど手に負えなくなります。

早めに伐採をしておけば、それほど大変ではなかったはずなのに、6月頃まで放っておくと、伐採しようと思った時に雨で出来なくなってしまったり、のびのびになって、晴れたと思ったら、今度は日差しが強すぎて大変な思いをするといったことが生じて来ます。

困った時には便利屋に依頼を
ですから、早めに伐採することが鉄則なのですが、成長しすぎてどうにもならくなってしまったら、便利屋に頼んで、伐採してもらうのがいいでしょう。特に歳を取ると木の伐採には相当の筋力も使いますし、また高所の作業はとても危険です。落下して怪我をしたり命を落としてしまったら元も子もありません。

便利屋は、安い料金でこちらの要望を聞き入れてくれる有り難い存在の業者です。無理をせずに、有り難い便利屋に頼んだ方が、お互いのためになると思います。